大阪でバイクのレンタル・修理・新車中古車販売のことなら二輪処エスペラントへお任せ下さい

二輪処エスペラント 二輪処エスペラント
HOME 会社概要 レンタルバイク 出張修理 委託販売 お問い合わせ

エスペラントブログ
HOME
エスペラントブログ
レンタルバイク
車両ラインナップ
当店のレンタルバイク
レンタルの流れ
料金表・貸出し品
必要書類ダウンロード
出張修理
出張修理と出張費
修理・メンテナンスと価格
車検
バイクの販売
商品紹介(GooBike)
委託販売について
委託販売の流れ
行政書士紹介
福島法律事務所
店舗案内
店舗概要
お問い合わせ
リンク集
プライバシーポリシー
Facebook
トップページ»  エスペラントブログ

エスペラントブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

Kawasaki Zephyr1100 撮影記



 当店 二輪処エスペラントでは、お客様の車両をお客様に代わって販売する、いわゆる委託販売も承っております。
 店頭に陳列するだけではなく、Goobikeへの掲載やヤフオクへの出品など、多様な販売経路を駆使して売り手買い手、双方にご満足頂けるよう努力しております。

 今回委託販売をご依頼いただきましたのは、カワサキのゼファー1100。以前GPZ900Rに乗っていたわたくし川上、カワサキ贔屓するつもりはないのですが、やはりちょっと紹介にも気合が入ります。
 しかし、そんな気合は必要ないのかもしれません。なぜならば、今回の車両自体がもう凄い気合というか気魄というかたっぷりで、
「黙って見せればそれで十分伝わる」
そんなレベルの逸品だからでございます。




「高性能かつコンパクト」
 そんなZシリーズの設計理念に沿った素晴らしいデザイン。こうして写真で見ても小さく見えます。
 しかし実写を前にすると感じる1100ccならではの迫力、そして存在感。400cc程度の中型バイクを扱うような気持ちで触れると、絶対に怪我をする、そんな予感さえ与えます。

 


 想像してみてください、信号待ちで隣にこのバイクが並んだらどう感じるか。おそらくバイクに詳しくない方でもこう感じるでしょう。
「なんかこのバイク、タダ者ではない」
 そしてバイクに詳しい皆様は、衝撃的なパワーを生み出すであろうそのエンジンとFCRキャブレタに、シャープで安定したコーナリングを生むであろうその足回りと車体補強に目を奪われることでしょう。




 またはこのホイールとキャリパの組合せに感嘆するかもしれません。どれだけ高出力のエンジンが積まれていようと、その動力を確実に路面に伝えタイヤを高効率で働かせる事が出来なければ、全てがただの飾りになってしまいます。走る、曲がる、停まる。結局のところよいバイクかどうかというのは、この3つをこなす性能が高いかどうか、またはこの3つを楽しんで行えるかどうかで決まってくるのですから。



「これだけカスタム/チューンアップされていると、扱いも難しいのでは?」
 そう思われる方もいらっしゃると思います。
 大丈夫です。その為に計器類が増設されています。
 もしバイクに速度計がなければ経験と勘で速度を計るしかありませんが、付いていれば今の速度をほぼ正確に把握出来て、結果安全に運転できますよね。チューンした結果気にするべき事柄は、プローブとメータが知らせてくれます。




 さて、ここまで色んな言葉でこのバイクの魅力をお伝えしようと努力してまいりましたが、その必要はなかったのかもしれません。

「黙って見せればそれで十分伝わる」

 冒頭にて、あえて大げさにそう表現しましたが、こうして皆様と一緒に撮影した写真を見返していると、私の言葉よりも写真の方が雄弁に語っている気してまいりました。
 沈黙は金、雄弁は銀。男は黙って、背中で語るもの。
 そんなダンディズムがよく似合う、今回のカワサキ ゼファー1100はまもなくヤフーオークション等で販売開始となります。みなさまからのお問合せ、現車確認のお申込、こころよりお待ち申し上げます。

 
二輪処エスペラント
広報担当 川上

2016-12-08 16:59:34

コメント(0)

Herley Davidson FLH80 (Shovelhead!!) 撮影記



 当店 二輪処エスペラントでは、お客様の車両をお客様に代わって販売する、いわゆる委託販売も承っております。
 店頭に陳列するだけではなく、Goobikeへの掲載やヤフオクへの出品など、多様な販売経路を駆使して売り手買い手、双方にご満足頂けるよう努力しております。

 今回委託販売をご依頼いただきましたのは、ハーレーダビッドソンのFLH80をベースとしたカスタム車両。いまや貴重な実用ヴィンテージエンジン、通称"ショベルヘッド"搭載車です!
 そして撮影しましたのは今回も販売/広報担当の川上です。ハーレーに関してはまだまだ勉強不足ではございますが、頑張って今回の車両の魅力をお伝えいたします!
 

ショベルヘッドとは
 1903年の創業から今日に至るまで、ハーレーダビッドソン社(以下HD)のバイクエンジンは世代交代を重ねてきました。もちろん新しい世代のエンジンほど高性能高耐久で優れているわけですが、かといってHD社の各時代を象徴する数々のビンテージエンジンらの魅力を否定出来るものではありません。

 しかし、いくら個性に溢れ蠱惑的なサウンドを奏でるエンジンが載っていようとも、そのバイクに乗って走ることが出来ないのであれば魅力半減ですよね。でも大丈夫です、ショベルヘッドならね! 

 今回の車両は1983年製。ショベルが製造販売されたのが57年から85年までなので、ショベルの中でも抜群に新しいものとなります。
 ショベル以前のエンジンには、映画"イージーライダー"で御馴染みのバイク、通称"キャプテンアメリカ号"に搭載されているパンヘッドエンジンや、無骨なネーミングでありながらもどこか優美さを感じさせるナックルヘッドエンジンなどがあります。しかしパンヘッドが1948年、ナックルに至っては1936年と、発売から既に80年が経っています。
「80年前のエンジンを日常のアシとして使う」
こうして言葉にすると、いかにそれが困難なことかお解かり頂けるかと思います。

 重ねて申し上げますが、今回の車両が製造されたのは1983年。名車と呼ばれる国産車でありながらも、まだまだ現役で走っている車両が沢山あるあのカワサキ750RS、通称Z2よりも新しいんです。
 ヴィンテージハーレーでありながらも、ただ飾るだけではなく気軽に乗って楽しむ事が出来るエンジン。それがショベルヘッドなのです。


 ……というハーレーに不慣れな方への説明を挟んだところで、今回の車両をご覧いただきます!




「"チョッパー"という言葉本来の定義はさておき、"チョッパー"と聞いて多くの人が思い浮かべるであろうスタイル」
 そんな風に表現すればいいのでしょうか。
 ヴィンテージエンジンに今時のボバースタイルというのも格好良いですが、やはりエンジンと車体の時代感が合っているのは安心感がありますよね。ロング&ナローなシルエットにスプリンガーフォークが映えます。ベース車であるFLH80はグライドシリーズに属するだけあってフェアリングやサイドケースにより大柄な印象ですが、それらを脱ぎ捨てた本車は非常にシンプルで身軽です。




 そしてその身軽さがオープンプライマリを活かしています。
 ダイレクトな操作感を得ることを狙ってオープンプライマリ化されたHDは多くありますが、車重が重ければ何をやってもダルに感じてしまい効果半減です。不要なものをチョップオフし、リヤもリジット化されている本車両ですから、右手と後輪の直結感も一入です。

 さて上の写真をご覧になってお気付きになられた通り、この車両はフットクラッチでハンドシフトです。
 このスタイルに憧れて国産クルーザーをジョッキーシフトにする方もいらっしゃいますが、これが"本物"です。ご自分のバイクからフロントブレーキを取り払って"これでスーサイド仕様だ!"と誤解されている方を時折みかけますが、このノンロッカー・フットクラッチがあってはじめてスーサイド仕様は完成します。

 ……と、やや脱線いたしました。勿論この車両は右手でフロントブレーキを操作出来る一般的な、いわばノン・スーサイダルなバイクです。
「左足でクラッチ操作なんかやったことないし、自信がない」
未経験の方はそうお感じになるかもしれません。でも普通自動車に乗る方は左足でクラッチ操作しますよね。むしろ、
「外車なのにシフトレバーが左手で操作出来るから、国産車感覚でラクちんだ!」
というくらいの軽い感じで乗り始めてしまえばいいのかもしれません。




 その他にも職人魂を感じるシートやタンクの美しいペイントなど、魅力的なところが盛りだくさんです。今回の記事では紹介出来なかった写真もたくさん御座いますので、ぜひコチラからご覧になってください。

 当車両はまもなくヤフーオークション等で販売開始となります。みなさまからのお問合せ、現車確認のお申込、こころよりお待ち申し上げます。



 ちなみに。
 今回も沢山の写真を撮らせて頂きましたが、わたくし川上がエンジンに次いで心惹かれたポイントがコチラ。



 小さいので目立ちませんが、小さいからこそのこの愛らしさ。ショベルでチョッパーでジョッキーで……とワイルド感やバッド感に溢れる車両ですが、こういう愛嬌が挟まっているところを見ると、愛されて、大事にされてきたバイクなんだと実感できて、とても和みますね!


 
二輪処エスペラント
広報担当 川上

2016-12-03 16:12:40

コメント(0)

Harley Davidson FXSTC 撮影記

Harley Davidson FXSTC 撮影記

 当店 二輪処エスペラントでは、お客様の車両をお客様に代わって販売する、いわゆる委託販売も承っております。
 店頭に陳列するだけではなく、Goobikeへの掲載やヤフオクへの出品など、多様な販売経路を駆使して売り手買い手、双方にご満足頂けるよう努力しております。

 今回委託販売をご依頼いただきましたのは、ハーレーダビッドソンのソフテイルシリーズの1台。ヘビーカスタム車両なので写真撮影にも気合が入ります!
 ちなみに今回撮影を担当いたしましたのは、当店販売担当 わたくし川上。HDのバイクにはあまり詳しくないのですが、学生の頃に憧れたバイクのひとつが、HDのスプリンガー・ソフテイル。そして今回の車両がスプリンガーフォークを組んだFXSTC。なにか運命的なものを勝手に感じながらの撮影となりました。

 

 


 車両を前にしてまず感じるのが、「細部に対する圧倒的なこだわり」
 ハンドル周りを出来るだけスマートに仕上げるために、スイッチ類の選定からブレーキ関連部品の移設まで、一貫したこだわりのもと組み上げられています。ブレーキレバー周辺をシンプルに見せるため、フォーク下部に設置したブレーキマスターをワイヤーで操作するシステムを見て、HDのカスタムに無知な私はかなりの衝撃を受けました。
 


 そのこだわりは車体のみだけではなく、サドルバッグのテイストや、総シルバー製のキーカバー(約4.5万円也!)にも表れています。




 続いて感じたのは「絶妙のバランス感」
 カスタム車両のなかにはインパクトや派手さを優先した結果、全体として見た時にどこかチグハグな印象を受ける車両が多いものです。しかしこの車両は、どの角度からみても何の違和感もなくまとまりがあり、まるでこのカタチのまま生まれてきたかのような完成度を感じます。


 


 そして目を惹くのが、「コンディションの良さ」
 どれだけ細部にまでこだわった車両でも、その細かいところに埃や汚れが詰まっていては台無しです。住宅環境が本国アメリカほど良くなく、また圧倒的に雨が多い日本ですから仕方がありませんが、やはり露天駐車保管はバイクを傷めます。
 今回のオーナ様はその点気を配っていらっしゃり、タンクの裏側もこの通り! サビどころか埃すらついていません。
 大雑把に乗って大雑把な手入れ、そういうワイルドな乗り方も勿論アリですが、中古車として購入する時にはそういうタイプのオーナ様が乗っていらっしゃった車両は避けたいものですよね。今回の車両に関しては、そうした心配は全くありません!





 ひとことで言うならば、「とても見所の多いバイクです!」
 目を惹く部分、ぜひ皆様にみて頂きたい部分を撮りまくっていたら、撮影時間1時間超、撮影枚数も100枚超になってしまいました……
 撮影した中から選りすぐった57枚を、コチラからご覧いただけます。

 ちなみに。
 当店エスペラントスタッフは総じてスポーツバイクが好きです。実際わたくし川上も、現在モタードタイプのバイクに乗っております。
 しかしこの車両は、当店スタッフ誰もが「格好いいバイク」と評しております。スポーツバイク好きはハーレーなどのクルーザー系バイクをあまり好まないものですが、そうした個々の好みを超えた格好良さ、存在感のある車両です。

 当車両はまもなくヤフーオークション等で販売開始となります。みなさまからのお問合せ、現車確認のお申込、こころよりお待ち申し上げます。

 
二輪処エスペラント
広報担当 川上
 

2016-06-14 17:13:00

コメント(0)

京の峡谷を行く! 二輪処エスペラント 春のツーリング

 季節は春! ……とはいえ、まだ少し肌寒いですが、バイク乗りは風の子! みなさまお元気でお過ごしですよね!(断定)

 タイヤ交換のキャンペーンやシーズン入りの準備などで忙しく、更新の滞っておりました本ブログ、久しぶりの投稿でございます。
当店のfacebookページの方は、基本的に毎日更新されておりますので、そちらもゼヒよろしくお願いいたします。




 さて、本日は春らしいステキなお知らせがございます。

---以下 二輪処エスペラントfacebookページより---



季節は春、バイクシーズン開幕です!
まずは近場に、下道でいける場所に、ちょっと肩慣らし的なツーリングに行きませんか?
当店をご利用になった事のない皆さまも、お気軽にご参加ください。そしてこの機会に二輪処エスペラントを知っていただければ幸いです。

出発/帰着地: 二輪処エスペラント(大阪府摂津市)
出発時刻: 11:00
帰着時刻: 18:30

経由地:
ダイコクバーガー(京都府亀岡市)
保津峡(京都府亀岡市/京都市右京区)
嵯峨/嵐山(京都市右京区)

参加資格: どなたでもどうぞ!

注意事項:
今回のルートの山場は、京都府道50号線の保津峡周辺区間となります。全区間舗装路ですのでどんなバイクでもご参加いただけます。ガソリンスタンド間の距離が最も長い区間でも40kmですから、タンクの小さい車両も大丈夫

ただし狭隘な道を走行いたしますので、危険/無謀な運転をされる方は参加ご遠慮下さい。
また、当日の走行ペースによって、経由地滞在時間は変動いたします。

--- お得情報 -----
このツーリングにあわせて、無料点検キャンペーンやレンタルバイクの大幅値引等行います!


---以上 facebookページより---

……というツーリングを企画しております。みなさまぜひご参加ください!
ちなみにこの京都府道50号線、ネット上では一部の方から「ひどい悪路」とか「二度と通りたくない」などと酷評されております。怖いもの見たさの方、そして武勇伝を作りたい猛者も、ぜひどうぞ!

あ、参加のお申込は当店facebookページのイベントから、またはお電話、二輪処エスペラント広報へメールでどうぞ!

電話: 06-6195-4855
メール: koho@nirindocoro.com
 

二輪処エスペラント
広報担当 川上

2016-04-01 10:19:48

コメント(0)

タイヤ交換"呼んで!よんで!"キャンペーン


季節はもうすぐ春!楽しいバイクシーズンがはじまります!
そろそろバイクの準備を始めなきゃ!お友達とお出かけ先の相談をしなくちゃ!

そんな皆様に、当店がご用意出来る最良のキャンペーンが、こちらですっ!

二人でいらっしゃれば二人とも2000円割引
五人でいらっしゃれば、なんと五人とも5000円割引!!
しかも、"五人で来たけどタイヤ交換の予約をするのは一人だけ"という場合も5000円割引になります!

冬の間眠っていたバイクの春夏への準備に!
冬の間眠っていた交友関係を再びあたためるきっかけに!
ぜひぜひ今回のキャンペーンをご利用ください。



なおキャンペーン期間中は混雑が予想されます。
お待ち頂く必要がないように商談ご予約をおとりしますので、事前にお電話いただけますよう宜しくお願いいたします。

 

二輪処エスペラント
広報担当 川上

 

2016-02-24 11:37:53

コメント(0)

応急処置も承ります!

「バイクこかしちゃったよ!
このキズ直したいけど、高いんだろうなあ……」
「直しても、またこけたらキズが付くしなあ……」

そんな風に悩んだこと、ありませんか?
たしかに"直さない!"という選択をすればお金はかかりませんが、直さないまま放っておくと傷が広がったり、さらに目立つようになったりするのです。

そこで当店エスペラントでは、"キレイにはならないけれど悪化はしない"という、応急処置的な修理も承っております!
そしてつい先日、まさにそんなご依頼がございましたので、写真を交えてご紹介いたします。

今回の患者さんはヤマハのTDM850。手入れの行き届いた素敵な車両なのに、事故転倒で右側面に大きな傷がついてしまっています。
(ちなみに広報川上、TDM850を選ぶ方はとてもバイクの事をご存知の方なんだろうなあ、と勝手に思っております)



問題なのがこの拡大部分。大きく亀裂が入ってしまっており、放っておくと悪化して完全に割れてしまいます。



この傷がこれ以上広がらないよう補修を行います。




まず接着剤がのり易いように表面を荒らして……



FRP(繊維強化プラスチック/ガラス)を積層します。
単に裏から接着材を塗っても、意外と簡単に剥離してしまいます。服のカギ裂きや穴を補修する際に裏から当て布をするように、接着剤と繊維を当てるのです。


そして組み付けたのが、こちら。


軽くタッチアップをして出来上がりです。

外側のキズ自体は残っていますが、カウルが完全に割れてしまう心配はほぼありません。
なにより、部品を丸ごと交換するよりは大幅に安価に収まりました!


という感じで、お客様のご予算に応じた修理/処置も致しておりますので、お気軽にご相談ください。

 

二輪処エスペラント
広報担当 川上

 

2016-02-22 21:54:56

コメント(0)

動作確認はこまめに

ここ最近雨天が多い気がいたしますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
うっかり雨具を忘れてずぶ濡れになったりしていらっしゃいませんか。
忘れて大変な目にあわないよう、雨だろうが晴れだろうが、常にレインスーツで通勤している広報川上です。横着だからじゃないです。備えあればうれしいな憂い無しです。

当店 二輪処エスペラントでは、展示中の中古車両を時々従業員が通勤に使用しております。
整備の過程で都度試乗はしているのですが、やはり実際に使用される状況に近いテストの仕方をしておく方が、より自信を持ってお客様にオススメ出来るという思想からです。

そして、本日わたくし広報川上が通勤に使用いたしましたのが、こちらの車両。



ベンリィCL50! プレス製造のフレームに工業魂を感じます!

かねてから、この赤いフレームがオシャレで気になっていたんですよ。
黒フレームもカチッとした印象で素敵なんですが、個人的にはやはり赤! 晴れた日も、そして今日のような暗い空の日も、いつもよりちょっと明るい気分で通勤出来る、そんな赤ですよ!

気になる動作状況ですが、雨の中でも機関や電装系、その他各部異常なく絶好調でございます。
ぜひご来店になってご覧くださいませ!

 

二輪処エスペラント
広報担当 川上

 

2016-02-20 10:35:45

コメント(0)

エスペラント スノボツアー



2/6と2/7の二日間、当店代表カキバタとけんちゃんがお客様と一緒にスノーボード旅行に行ってまいりました。



今回の旅先は富山県。綺麗な雪をもとめてひた走ります。大阪を前日深夜に出発し、眠気をこらえながらたどり着いたのが……



この景色。運転疲れも吹き飛びます。




「今年は雪がすごく少ない」と現地の方が仰っていらっしゃいましたが、雪の少ない大阪在住の我々からすると「これで少ないの!?」という雪の深さでした。





初日は晴れたり吹雪いたりと天候が安定しませんでしたが、そんなことはお構いなし。
全員久しぶりの雪に大はしゃぎです。




宿泊したのは五箇山旅館よしのや外観はかなりボロい歴史を感じる建物ですが、雰囲気がよく落ち着いた感じで、ぜひまた利用したい宿でした。

ちなみにこの夜、宿泊先間近にあった世界遺産 合掌造り集落ではライトアップイベントが行われておりました。
疲れ切った面々は当然スルーしてしまったわけですが、とてもステキな光景らしいので気になる方はぜひ。まずは下記のURLをご参照ください。

五箇山総合案内所
http://www.gokayama-info.jp/


そして一夜が明け……


「今日もスノボ!」と心が躍っているようです。



二日目は気持ちのよい晴れ空。いやがおうにもテンションがあがります。
でも「今夜には大阪に戻るんだ」という寂しさもあり、それを振り払うかのようにひたすら滑ります。


そして帰阪。とても楽しい二日間でした。
当店 二輪処エスペラントではバイクツーリングはもちろんのこと、季節にあわせたレジャー/スポーツをお客様と楽しむべく随時企画いたします。みなさま、ぜひ一緒に遊びましょう!



以上、カキバタ&けんたがレポートいたしました。

 

2016-02-11 11:44:51

コメント(0)

ご来店ありがとうございました!(なにわ旧車部品交換会)

本日は午前6時より舞洲にて開催されたバイク関連フリーマーケット、なにわ旧車部品交換会に出店参加してまいりました。
ご来場ご来店いただいた皆様、当店のブースでご購入いただいた皆様、誠にありがとうございました。



今回行った"5分ごとに1000円値引き"での車両販売、多くの方からご好評のお声をおかけいただき、出店スタッフはもとより発案した当店代表のカキバタも喜んでおります。
次回も同様の販売を行いますので、ぜひまたお越しくださいませ。


二輪処エスペラント
広報担当 川上

2016-01-31 13:47:07

コメント(0)

未体験のかたもぜひどうぞ!(なにわ旧車部品交換会)

週初めの寒さはなんだったんだ!?
という位になんだか暖かかったり、かと思えば冷たい雨に凍えたり、なんだかよくわからない今日この頃でございます。




先日当ブログにてお知らせいたしましたなにわ旧車部品交換会への出店に関しまして。

今回の出店では中古部品はもちろん、車両も販売いたします。お持ちする車両は2台。
まず、スズキのヴェルデ。こちらは35000円にて普通に販売いたします。

そして、ヤマハのビーノ。こちらは以下の価格で販売いたします。



そう、なんと開場から5分毎に1000円値下がっていきます
待てば待つほど安くなる! でも待っているうちに売れてしまうかも!
そんな自動値引式販売でございます。

ちなみに当店従業員のあいだでは、どの時点で「買った!」のお声がかかるのか、予想して勝負することになっております。
ご家族ご友人等と連れだってご来場の方は、ぜひ「なんぼで売れるんやろな!」と予想を出し合って楽しんでいただければ幸いです。


二輪処エスペラント
広報担当 川上

2016-01-29 20:41:30

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2